お絵描きとかするところ

イラストを載せたり、アニメや本の感想を書いたりしています。

『筆圧弱めの私』が前よりペン入れしやすくなった設定メモ【CLIP STUDIO PAINT】

試し描きの画像

とりあえずはじめに

私は筆圧が弱めで、SAIのやわらかめな書き味に慣れており、CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の書き味が結構硬めだなーと感じていたのですが、設定をいじってみたらだいぶ描きやすくなりました。

ほぼデフォルトのGペンでよくなったほどです。

以下からそのいじった設定をメモしておきたいと思います。

設定メモ

ざっくり手順一覧

  1. ペンタブの「ペン先の感触」をやわらかめに設定した
  2. クリスタの「筆圧検知レベルの調節」を設定した

ペンタブの「ペン先の感触」をやわらかめに

ペンタブレットWacomのIntuos4を使用しています。Intuosシリーズはドライバの設定で、アプリケーション(ソフト)毎に設定を割り振ることができます。

そこで、CLIP STUDIO PAINTの「ペン先の感触」をやわらかめに設定しました。

ペン先の感触の画像

クリスタの「筆圧検知レベルの調節」を設定

CLIP STUDIO PAINTは、アプリケーション全体の筆圧検知レベルを調節することができます。

場所は、Macの場合は「CLIP STUDIO PAINT>筆圧検知レベルの調節」、Windowsの場合は「ファイル(F)>筆圧検知レベルの調節」です。

ここをクリックして、キャンバスに入り抜き(線の強弱)を意識して何度か線を引いて、「OK」をクリックして設定を保存しました。

私は複数のストロークで調節しましたが、そこは個人の好みだと思います。

筆圧検知レベルの調節の画像

最後にふわっとした総括

以前は、「筆圧検知レベルの調節」だけをしており、暫く絵を描いていると指が痛くなっていました。おそらく硬めだと感じていたクリスタを更に硬めにしていたからだと思います。(筆圧設定のカーブが「U」のように下へ凹むと線を引くのに強い筆圧が必要になる=硬くなる)

上記のように、ペンタブ側の設定も変更することによってペン入れがとてもラクになりました。

個人的『クリスタでペン入れしやすくなる設定』メモはこちら

塗りのブラシ設定はこちら

ふわっとした感想はこちら 

簡易メイキングつきの記事はこちら