お絵描きとかするところ

イラストを載せたり、アニメや本の感想を書いたりしています。

【改訂版3】AutoHotkeyで左手デバイスの設定【2017年10月版】

この記事の内容

AutoHotkeyで「単一キーボードのテンキー部分」に設定してみたメモ、の【2017年10月版】です。

また少し変わったので、ソースコードと一緒にメモしておきます。

私の使用している左手デバイス

毎度おなじみ、普通のキーボードです。これのテンキー部分に設定をしていきます。

AutoHotkeyの設定方法は↓↓↓↓↓↓↓の記事にざっくりと書いてあります。

設定メモ

私の『左手デバイス』の設定

キーボードの設定
表示位置リセット ctrl +@
虫めがね /
回転 R
下のレイヤーに転写 ctrl + F※
左右反転

ctrl + *※

ブラシサイズ変更 ctrl + alt
てのひら space
戻る ctrl +Z
Gペン⇄消しゴム P
特例 Esc + alt
バケツ
・グラデーション
G
描画色⇄透明色 C
色相・彩度・明度 ctrl + U
変形 ctrl + T
保存 ctrl + S
レイヤー選択 ctrl + shift
Del/. Del/Tab
AutoHotkeyで設定したソースコード

;;; おまじない
#InstallKeybdHook
#UseHook

;;;
;;;
;;; テンキー左手デバイス
;;; NumLock OFF
;;;
;;;

NumLock::Send,^@

NumpadDiv::/

NumpadMult::r

NumpadAdd::Send,^z

NumpadSub::Send,^f

NumpadEnter::Send,^s

NumpadPgUp::Space

 

*NumpadUp::
SetKeyDelay -1
Send {Blind}{Ctrl Down}
Send {Blind}{ALt Down}
return
*NumpadUp up::
SetKeyDelay -1
Send {Blind}{Ctrl Up}
Send {Blind}{Alt Up}
return

 

NumpadHome::Send,^{NumpadMult}

NumpadRight::g

NumpadClear::Send,!{Escape}

NumpadLeft::p

NumpadPgDn::Send,^t

NumpadDown::Send,^u

NumpadEnd::c


*NumpadIns::
SetKeyDelay -1
Send {Blind}{Ctrl Down}
Send {Blind}{Shift Down}
return
*NumpadIns up::
SetKeyDelay -1
Send {Blind}{Ctrl Up}
Send {Blind}{Shift Up}
return

 

NumpadDel::Delete

;;;
;;;
;;; テンキー左手デバイス
;;; NumLock ON
;;;
;;;

NumpadDot::Tab

ペンタブレットのファンクションキーの設定
ファイルオブジェクトを更新 F
ストーリーエディターを開く S
コマ枠分割 shift + T
コマ枠結合 shift + U※

印のある設定はクリスタの初期設定ではなく、個人的に設定した項目です。

最後にふわっとしたまとめ

 個人的に大きいのは「特例」を突っ込んだことです。

クリスタを使用中に時折フォーカスが外れることがあり、いろいろ調べてみたのですが、解決方法がいまいちわからないので、一発でフォーカスをクリスタに戻せるように設定してみました。

これで、しばらく様子を見ようと思います。

過去の『左手デバイスの設定』はこちら

AutoHotkey』を使ったのはこちら

『HidKeySequence』を使ったのはこちら