お絵描きとかするところ

イラストを載せたり、アニメや本の感想を書いたりしています。

『AutoHotkey』の使い方メモ【ふわっとした個人メモ】

この記事について

以前書いた『クリスタでのAutoHotkeyのふわっとした個人的使い方メモ』を抜粋して、あとで自分が見返しやすいように加筆した記事です。

AutoHotkey』の使い方メモ

AutoHotkeyについてざっくり

  • テキストエディタでファイルに動作設定を記述することで、キー割り当ての変更などができる。
  • 簡易プログラム言語らしい。
  • 全部英語。
  • プログラムに詳しい人ならもっといろいろできるみたい。

AutoHotkeyのダウンロード

AutoHotkey

AutoHotkey Downloads

Index of /download/1.1

AutoHotkey_L(AutoHotkey 1.1.)のとりあえず一番新しい「setup.exe」をダウンロードしました。

AutoHotkeyの「インストール」と「事前準備」ざっくり

  1. setup.exeでインストール
  2. 任意の場所に、任意の名前の「ahkファイル」をつくる(タスクバーのHアイコンを右クリックしてEdit This Scriptから作成してもOK)
  3. ahkファイル」にスクリプトを記述する
  4. ahkファイル」を保存する
  5. 保存した「ahkファイル」をダブルクリック(タスクバーのHアイコンを右クリックしてReload This ScriptをクリックしてもOK)
  6. 出てきた確認ダイアログで「OK」をクリック

エラーが出なければ、これでおしまいです。

追加で編集したら、ファイルをダブルクリックして「上書きしますか?」的なダイアログに「OK」と答えると、上書きできます。

あとはスタートアップに「作成したahkファイルのショートカット」を入れておくと、再起動しても動いてくれます。

AutoHotkey』の記述の仕方ざっくりメモ

修飾シンボル
^ Ctrl
+ Shift
! Alt
その他ざっくり
  • a::b aキーをbキーに置き換え(リマップ)
  • ; コメントアウト
  • ホットキーは割り当て動作が1コマンドだけなら1文でOK
  • 複数コマンドがあるなら最後にreturn

クリスタの修飾キーの設定方法メモ

 クリスタの『修飾キー』とは?

[Ctrl]・[Alt]・[Shift]・[Space]の各キーとその組み合わせ、マウスホイール・右クリック・テールスイッチに対して、ツールの一時切り替えブラシサイズの変更などの操作を、ツールごとに割り当てられます。

(引用元:CLIP STUDIO PAINT ユーザーガイド - 修飾キー設定【Windows】【PRO/EX】

動かなかった事例
  • NumpadUp::send,^!
  • NumpadUp::send,^{Alt}
  • NumpadUp::send,{Ctrl}{Alt}

最後2つは反応がありましたが「クリスタの修飾キー」にはならず、キーの連打(キーリピート?)が発生しているらしくツールが点滅してチカチカしました。

動いた事例

*NumpadUp::
SetKeyDelay -1
Send {Blind}{Ctrl Down}
Send {Blind}{ALt Down}
return


*NumpadUp up::
SetKeyDelay -1
Send {Blind}{Ctrl Up}
Send {Blind}{Alt Up}
return

上半分は「押し下げ」の設定、下半分は「押し上げ」の設定になるみたいです。

ふたつでひとつ。こう記述したら、「クリスタの修飾キー」が使えるようになりました。

押したいキーが三つ以上のときの事例

キーを追加したい(3つ同時押しなどの)ときは「Send,{Bling}{(追加したいキー) Down or Up}」の部分を追加すればOKみたいです。

*NumpadUp::
SetKeyDelay -1
Send {Blind}{Ctrl Down}
Send {Blind}{ALt Down}
Send {Blind}{Shift Down}
return


*NumpadUp up::
SetKeyDelay -1
Send {Blind}{Ctrl Up}
Send {Blind}{Alt Up}
Send {Blind}{Shift Up}
return

要は、紫部分に押したいキーを並べれば、動く、はず。

「クリスタの修飾キー」設定のために参考にしたURL

参考にしたのはここ↓です。

リマップ - AutoHotkey Wiki

『リマップはホットキーに変換される』の項目のコードを参考に、ちょっといじってみました。

とりあえず動いたので、これで行こうと思います。

AutoHotkeyの参考になったURLメモ

AutoHotkey Wiki

AutoHotkeyの日本語のWikiです。とりあえず困ったらここ。

とりあえずリファレンスを全部読めば、なんとかなる。はず。

キーリスト - AutoHotkey Wiki

キー指定をするための名前はここ。

めちゃくちゃよく使う。キーをクリックして、キーの名前を探せるのがすごく便利です。

ホットキー - AutoHotkey Wiki

ホットキーについてはここ。

リマップ - AutoHotkey Wiki

リマップについてはここ。

ホットキーの押し下げ・押し上げを設定をするとき、『リマップはホットキーに変換される』の項目が参考になりました。

AutoHotkeyJp

AutoHotkey公式サイト、 AutoHotkey_L公式サイト、 旧AutoHotkeyを流行らせるページなどの内容を引用・加筆して公開してくださっているサイト。

キーの指定 | Dresskey

こちらはDresskeyのサイトですが、DresskeyはAutoHotkeyで記述されているそうなので、参考になる部分がたくさんありました。

AutoHotkeyで「単一キーボードのテンキー部分」に設定してみた』記事はこちら